自己肯定感のはなし 〜摂食障害は大丈夫になる〜

10年前 ひどい摂食障害で悩んでました。

拒食の時期は、そこまで辛くなかったです。

“痩せている自分”が嬉しかったので。

周りから見ればおかしかったとおもいますが、気持ち的にはどちらかというと私はハイでした。(食べて と言われると「なんでわかってくれないの!?」と思い辛かったし、わかめスープを出してくれただけで、大泣きしながらキレちゃったりしてましたが。)

過食の時期は、辛かった。

泣きながら吐いてました。

母は、当時の私のことを

「言葉に出来ない気持ちを吐き出したかったのかもしれない」と行ってました。

私の場合は、いろいろありましたが結果的には好きな人に

自分が安心できるとこまで全部好いてもらえたことで 完治(寛解?)しました。

人に与えてもらえたことがきっかけだったけど、こころの病気については

自分が自分を肯定してあげられることが

治る道への第一歩だと思います。

今、しんどい時期の人が

つらい気持ちで過ごしている人に

少しでも早く

楽な気持ちや、

幸せな日々が来ますように。

自己肯定感の6つ。

① 自尊感情 

(自分には価値があると思える)

② 自己受容感

(ありのままの自分を認める)

③ 自己効力感

(できると思える)

④ 自己信頼感

(信じられる)

⑤ 自己決定感

(決定できる)

⑥ 自己有用感

(何かの役に立っている)


(https://twitter.com/TMG_teacherさん

ツイート 中島先生 2019より)